税理士を変更する最適なタイミングはいつ?



「税理士を変更したい」と考える際、変更に最適なタイミングはあるのでしょうか。ここでは、税理士を変更した方がよいケースやメリット・デメリットなどについてわかりやすく解説しています。


税理士を変更するべきタイミングとは?

税理士を変更した方がよいタイミングとして、以下のようなケースが挙げられます。


経営者が変わった時

親から子へ会社を引き継いだり、事業承継などで経営者が変わったりした場合、経営方針の変更に応じて税理士を変更した方がよいケースもあります。

以前の経営者との付き合いが長い税理士事務所だと、税理士も高齢化していて、新しい業務への対応が難しいことがあります。これまでのやり方に不満があっても言い出しにくい、節税対策について詳しく相談に乗って欲しいなど、税理士へ求めるものが変わる場合は、税理士を変更するタイミングであるといえるでしょう。


経理担当者が変わった時

これまで経理を任せていた社員が退職するなどして、対応できる業務を変更する必要がある場合、さらに手厚いサービスが受けられる税理士事務所へ変更が必要なケースもあります。

時短勤務や産休などにも対応できる体制づくりや、人件費削減といった相談に乗ってくれる税理士事務所を探すことで、トータルコストを下げられる場合もあるでしょう。


クラウド化やペーパーレス化など、会計システムを変えたい時

会計ソフトのクラウド化や、紙ベースで保管していた資料のデータ化など、最新の会計システム導入を検討する際、現在の税理士では対応できない場合には、税理士を変更する必要があるでしょう。

新しいシステムの取り扱いに実績のある税理士事務所なら、ソフトの選び方や管理方法など、システム選定や運用からサポートも受けられます。これまで興味はあっても導入に漕ぎつけられなかったという場合は、税理士を変更する良いタイミングかもしれません。


担当の税理士が変わってしまった時

顧問契約をしている税理士事務所の中で担当者が変更になり、コミュニケーションが取りづらくなってしまうケースもあります。

税理士の転職や独立に合わせて再契約しても、税理士側の環境の変化などで、これまで通りの任せ方ができなくなってしまう場合もあるでしょう。


なんとなく「税理士を変えたい」と感じた時

たとえ上記のような理由が特になかったとしても、なんとなく意思の疎通がうまくいかないと感じたり、希望する業務に対応してくれないと感じたりするなら、税理士を変更するタイミングといえます。


会社の大切な会計を任せる税理士を変更するのは勇気のいることですが、現在の対応状況に不満があるなら、一度別の税理士事務所へ相談してみるとよいでしょう。


税理士を変更した場合のメリット・デメリットは?

税理士を変更した場合のメリットとデメリットには、以下のような点が挙げられます。


税理士を変更した場合のメリット

現在依頼中の税理士に不満がある場合、その不満が解消できる税理事務所へ変更すれば、ストレスを感じることなく会計を任せることができます。

税理士を変更して大きなメリットを感じたいのであれば、解消したい不満についてリストアップしておくことが大切です。

最新の会計システムを導入したいのか、丁寧なコミュニケーションや手厚いサポートを希望するのか、とにかくコスト重視なのかなど、優先するべき条件を明確にして、無料相談などを活用するとよいでしょう。

中小規模の会社経営サポートに実績のある税理士事務所なら、自分では気づかなかった問題点がわかり、コスト削減や事業拡大に繋がるアドバイスがもらえる可能性もあります。



税理士を変更した場合のデメリット

実績の多さや得意な業務、対応できる範囲など、税理士によって強みはことなります。サポートを受けたい内容によっては、せっかく税理士を変更してもミスマッチが起きてしまう可能性もあるでしょう。

税理士へ支払うコストを優先し過ぎたばかりに十分なサポートが得られず、税務調査の連絡を受けて慌てる、といったケースも予想されます。

顧問料を見直すことも大切ですが、サポート内容によってはトータルコストを大幅に下げられる場合もあるため、目先の経費だけにとらわれないようにしたいものです。


税理士事務所の無料相談を活用しよう

税理士を変更してメリットを受け、デメリットを極力避けるためには、円滑なコミュニケーションが取れる税理士を探すことが重要です。

変更する時期的なタイミングも含めて、依頼できる内容や報酬など、なんでも相談できるかどうかも、無料相談で確認するとよいでしょう。


まとめ

税理士を変更する際には、経営者や経理担当者の変更、会計システムの刷新といったタイミングで検討するとよいでしょう。特に理由がなくても、コミュニケーションが取りづらいと感じるなら、別の税理士にセカンドオピニオンとしてアドバイスを受ける方法もあります。税理士を変更する際に考えられるメリットとデメリットを理解して、解決するべき課題も明確にしておけば、無料相談を有効に活用できるでしょう。