1271375_m-min.jpg

融資を受けたいが不安
銀行に断られてしまった

​そんな社長様へ

​融資調達率90%以上の専門家が

銀行対応から書類作成まで

全て代行します

新規サポートは毎月1件のみ対応。お早めに☆

税理士法人ストラテジー​

公認会計士・税理士​  園田剛士

融資調達率

​90%以上

お勧め金融機関

​ご紹介します

窓口対応・書類作成

すべて代行

事業融資調達に関する

無料相談を実施しております

お会いしてのご面談が難しい方は

電話相談、オンライン面談可能です

※毎月3件まで。お申込みはお早めに※

もしあなたが・・・

新規融資が通るか不安
追加融資を銀行に断られた
自社に合った金融機関を探している
書類作成が手間・作り方がわからない
銀行対応を外注して経営に専念したい

そう思っていらっしゃるのなら
事業融資調達サポート

をオススメします!

なぜ​融資成功率が高いのか?

​それは金融機関目線のルールを知っているから

本当は融資を受けられるのに、
資料の不備、誤った説明、又は説明不足で
融資が受けられないケースが意外と多い!

銀行はお金を貸すことで利益を得ます。

銀行はできるだけ融資を実行したいのですが、融資は預金者からのお金を使うことになります。


預金者を保護するために審査のルール(ポイント)と、審査を行う部署が存在します。

まずは審査のルール(ポイント)を抑えましょう。

​そして、事業融資を獲得する確率を最大限高めましょう!

 

審査のルール(ポイント)は大きく3つあります。

金融機関の

審査ポイント①

簡易キャッシュフローの有無

企業の返済能力を図る指標です。
 

簡易キャッシュフロー=税引後利益+減価償却費
 

として求めることができあす。
 

簡易キャッシュフローが多いほどに、返済能力があるとみなされます。

​金融機関の

審査ポイント②

実態債務超過の有無

企業の財務が債務超過に陥っていないかを確認します。
 

「実態」という表現をつけていますが、銀行は貸借対照表をそのまま鵜呑みにすることはありません。
 

資産としての価値が疑わしいものや、負債でも資産としてカウントすることができるものを加味しながら、「実態」の債務超過の有無を確認します。

​金融機関の

審査ポイント③

債務償還年数

債務償還年数は、企業が今現在借入している融資額の合計を、簡易キャッシュフローで割ることで求めることができます。
 

債務償還年数は、毎年の簡易キャッシュフローの全額を、融資の返済に充てた場合に、何年で全ての融資を返済し終わるかを確認する指標として利用されます。
 

一般的に債務償還年数が10年以上ある場合は、借りすぎだとみなされます。

この3つのポイントで、総合的な企業の返済能力を評価します。


全てをクリアしなければ、融資を受けられないということではありません。

 

資金使途や融資希望額にもよりますが、最低1つでもクリアできていれば、融資実行の可能性は十分にあります。


上記の3つのポイントに沿って融資を受けるに値することを説明しなければなりません。

 

社長との窓口を担う銀行員は、審査を行う部署では無く、営業担当である場合が多いです。
 

そのため、社長がいくら熱心に窓口の銀行員に説明を行ったとしても、審査を行う部署に十分に伝わらない可能性があります。

そこで必要なのが申請資料の準備です。
 

審査を行う部署の方が、資料を見ただけで理解できるものを作らなければなりません。
 

上記3つのポイントに沿って、わかりやすい資料の作成を心がけましょう。

こんな方にオススメです

急いで

資金調達したい!

時間が無いから

​丸投げしたい!

どの金融機関に申込めば

いいかわからない

​融資がどのくらい

うけられるか知りたい

事業資金調達サポートが
提供できる5つのメリット

1.いくら融資を受けられるか、徹底した現状分析

銀行のルールに沿って、今の状況でいくらなら融資を受けられるのか、徹底した現状分析を行います。

​また、銀行の担当者と協議しながら、最適な融資額を見つけます。

2.借りられるだけ借りる為の、融資プランニング

融資を獲得する為に必要なプランニングを行い、資料作成の骨子を固めます。

 

その際、借りられるだけ借りる為のプランを作成します。

事業が厳しくなってからでは借りられる可能性も、借りられる金額も低くなってしまいます。

借りられるときに借りられるだけ融資を受けることをおすすめしています。

3.プランを実現する為に最適な銀行の選定

作成したプランを実行する為に最適な銀行を選定します。

銀行の種類によって、中小企業が銀行融資を受ける難易度は変わります。

​あなたのご状況に合わせて、融資が受けやすい金融機関をご提案させて頂きます。

4.銀行へのアポ取り、説明、全てを代行

申込む金融機関が決まりましたら、弊社が窓口となって融資申請を進めさせて頂きます。

アポ取りから、事業説明まで全て行います。

 

ご面倒な銀行対応は全て当事務所にお任せください。

5.数値計画書を含む全ての必要書類の作成代行

社長様から担当者が銀行融資に必要な内容をヒアリングさせて頂きます。

 

そして、その内容を基に必要書類を作成いたします。

数値計画書はもちろん、企業の概要を伝える資料なども含め、全てこちらで作成いたします。

なぜ、事業資金調達サポートを

始めたのか?

当事務所のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
 

中小企業の財務顧問、税理士法人ストラテジーの園田です。

これまで、多くの社長様を見てきました。
 

そして、成功した社長様も見てきました。

事業が立ち行かなくなる社長様のほとんどに共通していたこと、「お金が足りなかった」ということです。

「先行した資金繰り管理と、より多くのお金を常に持ち続けることが事業成長・永続のポイントである。」ことを、実体験を通して見てきました。

 

融資に失敗した社長様は、事業を断念するか、過小資本で常に資金繰りに追われるほかありません。

一人でも多くの社長様に融資の獲得に成功して頂き、潤沢な資金で事業を運営して欲しいと思っています。

 

私たちが知っていることは、全てお伝えいたします。
 

私達のノウハウを活用して頂き、一人でも多くの社長様が事業に成功して欲しいと思っています。

公認会計士園田剛士事務所​

公認会計士・税理士​  園田剛士

このサポートには
どれほどの価値があるでしょうか?

想像してください。

もし、あなたが自分で「事業融資申請」のノウハウを学びながら進めたら、どれほどの時間がかかるでしょうか?

 

しかも、たくさんの間違いをしながら進めていったら、どれほどの機会損失が出るでしょうか。

私達のサポートを導入すれば、これらの損失を防ぐことができます。

ほとんど丸投げの状態で資金調達が完了します。

大幅に時間を節約し、最大限の資金を獲得し、キャッシュリッチな状態で事業をすることができるのです。

 

さて、これほどの価値があるサポートですが、なんと成功報酬でサポートしています。
 

力不足で申し訳ございませんが、このサポートは、1社1社丁寧に経理の仕組みを構築していくため、毎月1件に限定しながらサポートをさせて頂いております。


もしご興味があれば、早めに無料相談にお申込みください。
 

無料相談は月3件までとさせて頂いております。
 

月の前半で埋まってしまうこともございます。

 

お早めにお申込みください。

無料相談のお申込みはこちら

▼お電話でのお申込み▼

▼メールでのお申込み▼

​申込後、担当者からご連絡いたします

(c) 熊本創業融資相談室 運営:公認会計士・税理士 園田剛士事務所

  • Facebook Social Icon

会社設立の

サポートはこちら

補助金獲得の

サポートはこちら