熊本での年末調整の進め方を完全解説!税理士法人ストラテジー

最終更新: 9月6日


今年も頭を悩ます課題の一つ、「年末調整」の季節がやってきましたね。税務署からの年末調整関係書類が届いたのではないでしょうか?多くの会社が年末に向けて忙しくなる時期を迎えることでしょう。当事務所では年末調整に関するご相談も受け付けております。

>>年末調整の無料相談実施中<<

年末調整とは?

全国の企業や個人事業主(以下、事業者)の方が、給与を従業員へ支給する際には、源泉徴収を行っています。この源泉徴収は、その給与を受け取る人から事前に提出を受けた扶養控除等申告書等に基に、一定の源泉徴収税額表に従って計算をします。この源泉徴収した税額の年間の合計額は、その年の給与の合計に対して納めなければならない税額とは一致しないのが一般的です。そのため、給与の支給の都度源泉徴収はするものの、年間を通じてその事業者から給与を受け取っているなど一定の人を対象に、事業者は年間の給与を合計した上で税額を計算し、その年に徴収した源泉聴取額との差額(過不足分)について精算する、という手続きを行います。これを【年末調整】といいます。 事業者に雇用されている従業員(例えばサラリーマン)の方は収入源のほとんどを給与が占めているはずです。つまり、従業員(サラリーマン)の方の大多数がこの【年末調整】の手続きを通じて、その年に納めるべき所得税(復興特別所得税)を国に納める必要があるのです。

当事務所にて年末調整のお悩み 解決いたします!

当事務所では、雇用主(事業者)に代わって年末調整に関する下記のような業務を受け付けています。 ①年末調整の手続に必要な各種資料の配布

②貴社の従業員様の必要書類をすべて回収

③年末調整の計算業務

④源泉徴収票の作成

⑤過不足分の精算、源泉税の納付

⑥納付書を作成し、所得税を国に納付していただく

⑦給与支払報告書を各市区町村に提出

⑧法定調書を税務署に提出

上記年末調整は、税理士のみが代行できる業務になっています。 税理士法人ストラテジーへお気軽にご相談ください。


なお、年末調整を行った人であっても、会社の締め切りに提出資料(ふるさと納税証明書や保険料控除証明等が届いていないため)が間に合わない、住宅ローン控除の適用初年度の方、あるいは2か所以上の会社等から給与を受け取られている方については、確定申告が必要という注意点もあります。該当する方は気をつけられてください。

>>年末調整の無料相談実施中<<

#熊本 #年末調整

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染拡大防止の当社対応について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 熊本創業融資相談室におきましては新型コロナウイルスの感染防止のため、令和2年3月より原則在宅勤務体制を取っておりましたが、コロナウイルス感染拡大が続く状況を鑑み、全職員を対象に強制在宅勤務体制での運営をさせていただくこととしました。お客様・顧問先様・協力関係者の皆様・全職員とそのご

(c) 熊本創業融資相談室 運営:公認会計士・税理士 園田剛士事務所

  • Facebook Social Icon

会社設立の

サポートはこちら

補助金獲得の

サポートはこちら