top of page

熊本の起業家必見!会社設立時に税理士に相談する4つのメリット

更新日:6月12日


熊本で起業を決意するものの、法的な手続きや、税務に関わる適切な対応が不安!自己資金ではお金が足りないし、どうやって資金を集めたらいいかわからない!と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そのような時には、ぜひ税理士にご相談いただくことをオススメします。

経理業務のみならず、資金調達などのお手続きのお役に立ち、よりスムーズな事業の立ち上げのお手伝いが可能です。


そこで今回は、起業する際に税理士への相談をオススメする4つのメリットをご紹介します!



目次





1.会計処理や節税対策のアドバイス



一つ目のメリットは、会計処理や節税対策のアドバイスがもらえることです。


会社経営において、適切な会計処理と節税対策は不可欠な要素です。


税理士にお任せしていただければ、会計ソフトへの入力や帳簿の作成などはもちろん、自社の業績や財務状況を知った上で、業種・業態に合わせた適切な会計処理方法や節税対策を提案、指導してもらえるため安心です。


また、税務調査に関しても税理士が対応することができます。

税理士は指摘されやすい事項などについて把握しています。

よって、企業側の主張を税法に則り、正しく調査官にお伝えすることができます。




2.決算月や役員報酬の決め方のアドバイス



二つ目のメリットは、決算月や役員報酬の決め方のアドバイスが得られることです。


会社経営において、決算月や役員報酬の設定は経営判断の要となります。

法人の決算月は、設立から一年以内であれば自由に決めることができます。

税理士に相談することで、事業内容や資金繰りを考慮し、最適なタイミングを提案してくれます。


また、役員報酬に関しても、節税対策の観点から業績に見合った適正水準をアドバイスしてくれるため安心です。




3.融資などの資金繰りの支援



三つ目のメリットは、融資などの資金繰りをサポートしてくれることです。


日本政策金融公庫などへの創業融資の通過率を上げるには、根拠がしっかりした事業計画・予測を立て、熱意を持って相手に事業の説明をし、信頼してもらう必要があります。


そこで、税理士に相談することで、金融機関に提出する事業計画書の作成方法などの融資コンサルティングのサポートを受けることができます。


当所では、


設備投資はどれくらい必要か?

運転資金はどれくらい必要か?

無理のない毎月の返済額はいくらか?


など、お客様の開業前に事前に試算を行う支援を行い、説得力のある事業計画書の作成をサポートしております。


また、創業に限らず事業融資全般サポートさせていただいておりますので、資金調達のみのご依頼も喜んでお受けします。


さらに、他の税理士やコンサルタントとは異なり、顧問契約は必須ではありませんので、お気軽にご相談いただけます。




4.経営コンサルティングのサービス



最後の四つ目のメリットは、経営コンサルティングのサービスがあることです。


昨今、単に決算書や申告書の作成支援にとどまらず、経営数値の分析や経営戦略の立案、事業計画の策定支援なども手掛けている税理士事務所も少しずつ増えてきました。


税理士は長年の経験から蓄積された経営ノウハウを活かし、企業経営の課題解決をサポートしてくれます。

会社設立時から税理士に相談しておくことで、その先の未来も安心して経営を楽しむことができます。


当所でも、経営者の目標のために第三者視点で現状と予想される未来を客観的にアドバイスさせていただいております。

お客様がこの先、どのような成長曲線を描いているのか、そのためにどのような課題をクリアしていかなければいけないのか、という常に先を考えたアドバイスを心がけています!




5.まとめ



いかがだったでしょうか?

起業の際、事前に税理士に相談することで、会社設立前のことはもちろん、会社設立後を考慮したアドバイスを得ることができます。


税理士といえば経理業務代行というイメージですが、事業の成長を一番身近な立場でサポートすることができる専門家でもあります。


起業前から税理士をうまく活用して新規事業に集中できる環境を整えましょう!

Comentários


bottom of page